ニューヨーク荘マンガ家、マキヒロチの日記

TOP | CALENDAR | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | MOBILE
ぼんじゅーる! 19:02
































クロノス最新号発売中です!



今回のムリやり時計ゼミの舞台は
な、なんと・・・フランス!!!
漫画の仕事で私がフランスに行くことがあるとは・・・!!!









今回の取材先は
世界的ハイジュエラーであるヴァンクリーフ&アーペルが新しく設立した
ジュエリーと時計の学校『レコール』!
私達はもちろん時計の授業だけでしたが
とっても充実した授業を受けてきました!






モノポリーで一番高い土地とされている
ヴァンドーム広場にある元高級オテルだった私邸で
レコールの授業は受けられます!











学校なのに授業の前と間にはスイーツやコーヒーやジュースが振る舞われます。
さすが世界的ハイジュエラー、太っ腹!
(全部美味しかった)







時計の授業は二日間あり
一日目は時計の歴史を学ぶ授業で
二日目は時計を解体して組み立てる実技の授業。
歴史の授業の先生は
広田さん曰く超すごいらしい学者のドミニク・フレションさん!
(ステキな髪型をしてらっしゃいました)







こんな感じで最初の時計と言われてる日時計から現代の時計まで
いろんな時計、時の概念を勉強しました!














二日目は時計をばらしたり組み立てたりする実技の授業!
久しぶりに白衣を着て時計をいじりました〜





先生にバラすコツを教えてもらいながら
丁寧にパーツを取り除いていきます。








通訳の方に「マキさん一番優秀!」と褒められました。
フフフ・・・!













レコールの授業を受け終わると修了証をもらえます。
こうゆうの嬉しいですよね〜、と広田さん。
でもこの表情、どんな表情なのかよくわかりません。





大雑把に様子をお伝えしましたが
クロノス本誌ではちゃんとレポートしてますので
興味のある方は是非クロノス日本版をご覧下さい♡
ちなみにレコールは七月に東京にも来ますので興味のある方は是非!



(写真を提供してくださった矢嶋さんありがとうございました)






| おしらせ | posted by makihirochi
<< NEW | TOP | OLD>>